助成金受給団体の公募について

株式会社セディナ発行の「地球にやさしいカード」による助成事業

公益財団法人 緑の地球防衛基金は、株式会社セディナと協力して環境問題に関する活動や研究に携わる団体への助成を行っています。当基金ではこの助成事業に関して、以下の要領にて助成対象となる団体を募集いたします。

※公益財団法人 緑の地球防衛基金 定款

第1章 総則 第3条(目的)

この法人は、わが国をふくめ地球上の緑及びその生態系に依存して生息する生物を適正に保全する等のため、調査研究及び活動を推進し、支援するとともに、その成果を基に国内外の交流等を図り、もって自然と共生する健全な社会の発展に寄与することを目的とする。

概要

「地球にやさしいカード」とは?
株式会社セディナが発行する「地球にやさしいカード」は、ダイエーグループ、その他の加盟店で使用できるクレジットカードです。

このカードは「地球温暖化を抑える」、「熱帯林を守り育てる」など、自然環境の保全に関するテーマにより、14種類に分けられています。カード会員は、自分が関心のあるテーマのカードを選んで使用することができます。
助成の仕組み
助成対象に選ばれた団体は、その活動内容により、それぞれ該当すると思われるテーマのカードに割り当てられます。 「地球にやさしいカード」の会員によるカードショッピング利用額を半期ごとに集計。カードショッピングの0.5%にあたる金額が株式会社セディナから当基金に寄付されます。 各テーマのカード利用額に応じて助成金額を計算、当基金を通じて各助成対象団体へ配分されます。
事業の目的
地球温暖化、森林破壊、砂漠化、大気・海洋汚染、野生動物の絶滅を防ぐなどの、自然環境の保全に取り組む諸活動への助成。
対象となる事業
森林の保全、森林に依存して生息する野生動物の保護、砂漠緑化及び土壌流出防止の各調査研究と実践、その他上記の目的達成のために行う調査研究活動。
助成金の交付対象経費
調査/研究に直接要する物品の購入費、調査/研究に伴う国内・海外旅費など
助成期間
・原則として1年間(4月1日~翌年3月31日まで)を限度とする。
・審議委員会の審査により、最長3年間まで継続可能
助成対象団体の決定
・期日内に受付けた申請団体の中から、審議委員会にかけて選定。
・継続希望の団体についても、毎年、審議委員会にかけて審議、決定。
対象となる団体
・法人格の有無を問わず、前記の目的にそった活動をしている団体。
・提出された申請書類をもとに、審議委員会の審議を経て選定します。
※審議の結果、意に添えない場合がございます。
対象とならない団体
・原則として国や地方公共団体から助成もしくは補助金、委託費をもらって活動している団体
・営利事業を兼務している団体
・年間の助成金の精算が期限内にできない団体
※助成対象団体には、期末に収支計算書と活動報告書をご提出いただきます。
助成金の支払い
・年2回、各団体の指定の郵便貯金口座に送金。
(上半期分:11月頃、下半期分:翌年5月頃)
・助成金額は各テーマのカード会員によるカードショッピング利用額をもとに計算されるため、テーマ、年度ごとに金額が変わります。(上期、下期合計で50万円~1千万円以下)。
・助成期間は原則1年を限度とし、最長3年までは可能。

平成28年度「地球にやさしいカード」の助成12団体

株式会社セディナの「地球にやさしいカード」による平成28年度助成団体は、昨年9月末に締め切り、22団体からの応募がありました。10月の審議委員会の慎重な審査を経て理事会で次の12団体・事業に決まりました。

  1. 特定非営利活動法人FoE Japan(地球温暖化対策・エネルギー政策転換に向けた提言活動と普及啓発活動)
  2. 特定非営利活動法人ストップ・フロン全国連絡会(オゾン層保護のためのノンフロン技術の導入実践事例の視察・調査分析および普及拡大に関する課題の分析)
  3. 特定非営利活動法人熱帯森林保護団体(アマゾン・カポトジャリーナ地域における自然発火防止事業)
  4. 特定非営利活動法人イカオ・アコ(フィリピンにおけるマングローブの植林事業)
  5. 八幡平の葛根田ブナ原生林を守る会(八幡平葛根田川源流部と岩手山における多様なブナ原生林保護活動と啓発用冊子及び活動報告書の発行)
  6. 特定非営利活動法人尾瀬自然保護ネットワーク(自然環境教育事業、尾瀬の自然保護に関する調査研究事業、自然環境保護に関する普及啓発事業)
  7. 特定非営利活動法人立山自然保護ネットワーク(立山黒部アルペンルート沿線の外来植物除去事業)
  8. 特定非営利活動法人夏花(石垣島白保地区におけるサンゴ礁保善活動~サンゴ礁文化を受け継ぐための自然体験学習の実施と学習指導者の育成~)
  9. 認定特定非営利活動法人ヒマラヤ保全協会(ネパール大地震被害地ドラカ県の緑化再生プロジェクト)
  10. 特定非営利活動法人サンクチュアリエヌピーオー(遠州灘海岸におけるアカウミガメと産卵環境の保護調査活動)
  11. 特定非営利活動法人桶ケ谷沼を考える会(トンボの種の保全と自然環境を守る)
  12. 認定特定非営利活動法人トラ・ゾウ保護基金(アフリカゾウ密猟防止及び北東インド・アジアゾウ保全プロジェクト)

(参考)

平成27年度地球にやさしいカードの助成団体

  • 特定非営利活動法人 FoE Japan
  • 特定非営利活動法人 ストップ・フロン全国連絡会
  • 特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体
  • 特定非営利活動法人 尾瀬自然保護ネットワーク
  • 特定非営利活動法人 立山自然保護ネットワーク
  • 沖縄大学地域研究所
  • 特定非営利活動法人 ヒマラヤ保全協会
  • 特定非営利活動法人 サンクチュアリエヌピーオー
  • 特定非営利活動法人 桶ヶ谷沼を考える会
  • 特定非営利活動法人 トラ・ゾウ保護基金
  • 特定非営利活動法人 イカオ・アコ
  • 八幡平の葛根田ブナ原生林を守る会

(参考)

平成28年度地球にやさしいカードの助成団体

  • 特定非営利活動法人 FoE Japan
  • 特定非営利活動法人 ストップ・フロン全国連絡会
  • 特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体
  • 特定非営利活動法人 イカオ・アコ
  • 八幡平の葛根田ブナ原生林を守る会
  • 特定非営利活動法人 尾瀬自然保護ネットワーク
  • 特定非営利活動法人 立山自然保護ネットワーク
  • 特定非営利活動法人 夏花
  • 認定特定非営利活動法人 ヒマラヤ保全協会
  • 特定非営利活動法人 サンクチュアリエヌピーオー
  • 特定非営利活動法人 桶ヶ谷沼を考える会
  • 認定特定非営利活動法人 トラ・ゾウ保護基金

助成を受けるには

助成申請用紙の請求

封筒のおもてに「申請用紙請求」と明記のうえ、140円切手を貼付した返信用の封筒(A4用紙が5,6枚入る大きさの封筒。返送先住所を忘れずご記入ください)を同封して、「公益財団法人 緑の地球防衛基金 地球にやさしいカード」係 宛にてお送りください。

※応募書類は返却いたしません。あらかじめご了承ください。なお、助成申請用紙はホームページからも受け取れます。

パソコンで記入する方(※Microsoft Word をお持ちの方)

①募集案内送付(docx)
②募集(docx)
③提出書類チェック(docx)
④申請状況(docx)
⑤助成金交付申請書(docx)
⑥助成金の使途(docx)
⑦年間スケジュール(docx)
⑧申請費用について(docx)
⑨会員拡大(docx)
⑩助成金交付規程(docx)

助成金交付までのながれ

申請書類受付期間(8月1日~9月30日必着)
    ↓
審議委員会で審査(10月中旬)
    ↓
申請団体への結果通知(11月頃)
    ↓
上半期分の助成金を配分(翌年11月)
    ↓
下半期分の助成金を配分(翌々年5月)

※ 助成対象事業の実施期間: 申請の翌年4月1日~翌々年3月31日

申請用紙の請求/返送先、問い合わせ先

公益財団法人 緑の地球防衛基金 地球にやさしいカード 係

〒104-0033 
東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館203

TEL:03-3297-5505 FAX:03-3297-5507
e-mail: defense@green.email.ne.jp